事業内容

測量

土木建造物を建設する最初の大仕事
トータルステーション + GNSSを活用し、現場状況により最適な測量を実施します。


あらゆる建設工事において、まず最初に行う作業が測量。
工事予定地の正確な位置(座標)・高さ・長さ・面積等を専門的な測量技術を使って測定し、現状図面等を作成します。
業務によりGNSS、3Dレーザースキャナー測量等の最新技術を使用し高精度且つ効率的な測量を行い、 設計や工事に必要な情報を提供します。

一般的な測量業務の流れ
一般的な測量の流れ

主な業務

基準点測量、水準測量
中心線測量、縦横断測量、現地測量(地形測量)
路線測量、道路台帳測量

一部事例

河川災害復旧事業測量、設計業務
雪に強いみちづくり事業 測量及び防雪柵設計業務
道路台帳整備事業業務

三次元測量

ドローン × 3Dレーザースキャナーで正確な測量データをご提供

地形や構造物などを立体的にデータ化するために3次元測量を行います。
3次元測量によって得られたデータは点の集合体の点群(3Dモデル)となり、CAD等のソフトで利用でき、様々な分野で活用されています。

- ドローン -

ドローンによる空撮

ドローン「JDI MAVIC2 PRO」にて、測量地の上空を飛行しながら、撮影範囲を重複させた複数の写真を撮影します。撮影は、ドローンのオペレーション管理ソフトである「Pix4capture」を使用します。

空撮画像から三次元点群データ取得

写真解析用ソフト「Pix4Dmapper」にて、画像をデジタル空間モデルに変換します。
ドローンやカメラで撮影した画像から、点群・数値地形・地表面モデル・オルソモザイク・テクスチャーモデル等の作成を行います。

- 3Dレーザースキャナー -

空間位置情報取得

SX10

3Dレーザースキャナー「Trimble SX10」にて、3次元空間の点群座標を取得します。
レーザーによって地表の様子を細かく捉え、点群データを精密に記録し、高い精度の測量データを取得します。

3次元点群データ処理

点群データ処理ソフト「Trimble Realworks」、「Trimble Business Center」にて、3Dレーザースキャナからインポートした高密度のデータを3D成果物に変換を行います。
取得した点群データの合成&モデル化を行い、他の3次元CADソフトヘ受け渡すデータを 作成(3Dモデリング)します。

- 3次元点群データ処理 -

3Dレーザースキャナーによる空間位置情報取得

TREND-POINT」にて、フィルターによる点群データ加工や断面作成、メッシュ土量計算などを行い、3次元設計データの作成します。また、「TREND-ONE」と連携し、図化と同時に成果作成を行います。

設計

社会生活に欠かせないインフラを設計

日常生活を行う空間は道路、橋、上下水道など様々な施設で構成されています。
当社は豊富な経験をもとに社会のニーズを捉え、地域の特性を活かしたまちづくりを進めるために、計画から設計まで多彩な技術を提供します。
社会資本強靭化に伴い、土木構造物の安全、安心を高めた設計を行っています。

主な業務

土木設計、道路設計
上下水道設計、橋梁補修設計

一部事例

橋梁延命化事業に伴う橋梁補修詳細設計業務
側溝整備事業に伴う設計業務

調査

設計に必要な基礎資料の調査

土木構造物の老朽化を調査し、維持管理の予防保全を目視した補修設計に必要な資料の調査、診断を行います。

主な業務

橋梁点検、診断
水路機能診断
現況調査

一部事例

橋梁点検、診断業務委託
農業水利施設機能保全計画策定業務委託
農地整備事業現地調査業務委託